新型MIRAIが、環境問題・エネルギー課題の「未来」を変える。
法人さまのSDGsへの取り組みに貢献!

CO2排出ゼロ!「サステナブル経営」を促進!

■新型MIRAIは走行中にCO2を排出しません。更に、吸い込んだ空気をろ過し、浄化された空気を排出するので、走れば走るほど空気をクリーンにします。MIRAIは“ゼロエミッション”から“マイナスエミッション”※1へ導くため、これからの「サステナブル経営」にふさわしい未来志向のクルマです!



静粛性を追求したモーター駆動で、上質な走りを実現!

■エンジンレスでモーター駆動ならではの静粛性の高さをさらに追及。徹底的な吸音・遮音対策により役員車にピッタリの静かで穏やかな走りと室内空間を実現!



役員車に最適な充実内装機能!

■快適な乗り心地を実現する装備が充実!“Exective Package”をグレード設定し、役員車両にもピッタリの仕様に!



次世代基準に進化した安全・安心装備!

■次世代予防安全パッケージ“Toyota Safety Sense”※2を全車標準装備!また、高速道路走行や駐車をサポートする高度運転支援機能“Toyota Teammate”※3※4搭載グレードも設定。次世代基準の先進安全技術で、より安心してお客さまのご移動をサポートします。



新型MIRAI紹介MOVIE



水素ステーション一覧 お見積はこちら

  • ※1地球温暖化や環境汚染を防ぐため、二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)、粒子状物質(PM)などを含む、いわゆる排気ガスを排出しない(ゼロにする)こと
  • ※2Toyota Safety Senseを安全にお使いいただく上での留意事項説明:Toyota Safety Senseは予防安全パッケージです。ご契約に際し、Toyota Safety Senseおよびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてご説明いたします。(ご使用になる際のお客さまへのお願い)■運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。■各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか最悪の場合は死亡につながるおそれがあります。■車両姿勢が変化する架装・改造や、各システムのカメラ・センサーを遮るような架装・改造を行うと、各システムが正常に作動せず、思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。■ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。■お客様ご自身でプリクラッシュセーフティの作動テストを行わないでください。対象や状況によってはシステムが正常に作動せず、思わぬ事故につながるおそれがあります。
  • ※3■Advanced Driveは自動で運転するシステムではありません。安全運転を行う責任は運転者にあります。■運転支援機能のため、検知範囲、作動速度には限界があります。必ず安全を確認しながら運転してください。■道路状況、交差点の形状、車両状態、天候状態、夜間およびドライバーの操作状態等によっては、システムが正しく作動しない場合があります。■安全運転を支援するシステムは、あくまで運転を支援する機能です。システムを過信せず、必ずドライバーが責任を持って周囲の状況を把握し、安全運転を心がけてください。■詳しくは取扱説明書または販売店でご確認ください。
  • ※4■アドバンスト パークは、あくまで運転を支援する機能です。システムを過信せず、必ずドライバーが責任を持って周囲の状況を把握し、安全運転を心がけてください。■アドバンスト パークは、駐車環境や周辺状況によっては使用できない場合があります。詳しくは販売店でご確認ください。■字光式ナンバープレートは装着できません。
TOPへ戻る