• クルマニュース
  • 2022.02.15

【新型アクア】試乗で実感した法人向けの魅力とは?【試乗レポ #01】

こんにちは!トヨタモビリティサービスの後藤です。

「社用車選びはどのようなポイントで選べばよいか?」
「車種情報は個人向けの情報ばかり…」

こんなお悩みを抱える車両担当者さまに、法人視点で “新型車の機能・ポイント” をお届けします。

試乗インプレッション第一弾は、先日発売された新型アクア!

法人さま向けのオススメポイントをご紹介します。




駐車時の不安を軽減!巻き込み事故などを未然に防ぐアシスト機能!

「駐車場での事故が多い」「若手社員が駐車に不安を感じている」と、お困りの法人さまも多いのではないでしょうか?
そんなお悩みを解決してくれる機能が、「トヨタチームメイトアドバンストパーク※1」です。
この機能は、ドライバーに代わって駐車時の運転操作を行ってくれる新型アクア一番のオススメポイントです!


<駐車をアシスト!「トヨタチームメイトアドバンストパーク」とは?>

当社にて調べたところ、車両事故のうち全体の4割が駐車場内で発生している、というデータがわかりました。(右記図参照)

「トヨタチームメイトアドバンストパーク」は、そんな駐車場内の事故を防止してくれる新機能です。

使い方はとてもシンプルです。
 ① 駐車したい場所の前にクルマを横向きに停車
 ② アドバンストパークのスイッチをON
 ③ カメラとソナーで周りを監視しながらクルマを自動で調整
 ④ 駐車完了

周囲の静止物に接近しても、パーキングサポートブレーキ※2も付いているので安心です。表示とブザーで知らせてくれるだけでなく、自動(被害軽減)ブレーキが作動し接触事故を未然に防ぎます。




<後藤EYES -試乗インプレッション->

さて、早速「トヨタチームメイトアドバンストパーク」を試してみました。

率直な感想は、これは駐車が苦手な方は絶対つけるべき機能だと思いました!クルマを停車するだけなので、運転の苦手な若手社員さまでも安心して操作いただけます。

また、この機能の良いところは、それだけではありません。

■白線のある駐車場・隣接車両のいる駐車場なら自動で駐車スペースを認識!
 より一層駐車が楽になりました!ついつい隣に車両が停まっている駐車スペースを探しちゃいました(笑)

■パノラミックビューモニター(オプション)で、360度全方位から車両の位置を確認!
 ナビで車両の位置や死角もモニターできるのでとても安心です!

「トヨタチームメイトアドバンストパーク」のお陰で、周囲の安全を確認しながら簡単・安全に駐車が出来ました。この機能なら、出先の駐車場で運転の苦手な社員さまが車をぶつけてしまった!なんて事故も減らせそうですね。駐車場での事故が多い法人さまに是非ともオススメしたいオプションです!




加速も自在にコントロール!パワフルな「快感ペダル」

これまで、コンパクトカーでの走行時に、高速道路や上り坂で加速感が足りない・・・と感じることが多かったかのではないでしょうか?

新型アクアには、そんなお悩みを解消するシステムが新たに搭載されました。


<ワンペダルドライブも可能!「快感ペダル」※3とは?>

今回アクアに新搭載された「快感ペダル」のポイントは2つ。

①EV走行可能速度が約20㎞/hから約40㎞/hへUP!
 高出力と低燃費を兼ね備えたバイポーラ型ニッケル水素電池の採用により、
スムーズな加速を実現。燃費の良さとパワーを兼ね備え、ほとんどの街乗りではモーター走行のみで走行が可能です。

②「POWER+モード」を押すだけで、クルマの加減速をアクセルワークだけでコントロール!
 完全停止はしないもののワンペダルドライブが可能になりました。



<後藤EYES -試乗インプレッション->

どれほどのパワーがあるのか、こちらも試してみました。

モードを変更して速度を上げると・・・確かに加速感が違います!アクセルを踏んだ瞬間に高出力モーターを活かして一気に加速!これなら、高速道路での合流や長い上り坂が続く山道など、加速が必要なときでもパワー不足を感じずに運転が出来ますね。

そして、ペダルを離すと低速ギアに切り替えたときのエンジンブレーキのような、自然な減速感もあります。減速時には回生ブレーキが強くかかるので、「POWER+モード」を使用していても燃費向上に貢献してくれます。

渋滞時もアクセルペダルを離すだけでブレーキをサポートしてくれるので疲れにくいですね。街乗り運転の多い社員さまにオススメの機能です!



試乗を終えて・・・

「トヨタチームメイトアドバンストパーク」と「快感ペダル」は、ビジネスで日々移動をしている皆さまをしっかりとサポートする新機能だと実感しました。

その他にも、全車標準装備となった外部給電機能によるBCP対策や、低燃費によるカーボンニュートラルの貢献まで、法人さまにとっての魅力がたくさん詰まっています!

新型アクアのページに、今回紹介しきれなかったオススメ機能を掲載しておりますので、是非ともご覧いただき導入をご検討ください。

以上、トヨタモビリティサービス後藤の試乗レポでした。

次回はどのクルマを試乗するのかお楽しみに!




お問い合わせはこちら

  • ※1アドバンストパークを安全にお使いいただくための留意事項説明とご使用になるお客様へのお願い ■アドバンストパークは、あくまで運転を支援する機能です。システムを過信せず、必ずドライバーが 責任を持って周囲の状況を把握し、安全運転を心がけてください。 ■アドバンスパークは、駐車環境や周辺状況によっては使用できない場合があります。詳しくは販売店でご確認ください。 ■字光式ナンバープレートは装着できません。■アドバンストパークは全車メーカーオプションです。
  • ※2パーキングサポートブレーキを安全にお使いいただくための留意事項説明とご使用になるお客様へのお願い ■パーキングサポートブレーキは自動(被害軽減)ブレーキまで働くシステムではありますが、必ず止まることを約束するものではありません。道路状況、車両状態、および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。■安全運転を行う責任は運転者にあります。常に周囲の状況を把握し、安全運転に努めてください。■ソナーの検知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。■運転者自身でパーキングサポートブレーキの自動(被害軽減)ブレーキ制御を試すことはおやめください。■パーキングサポートブレーキの自動(被害軽減)ブレーキが作動した場合でもブレーキ制御は2秒で解除されるため、そのまま前進・後退できます。また、ブレーキペダルを踏んでもブレーキ制御は解除されるため、再度アクセルペダルを踏むことで前進・後退できます。■Z・Gグレードに標準装備。X・Bグレードにメーカーオプション。
  • ※3「快感ペダル」はZ・G・Xグレードに標準装備。Bグレードには設定なし。
TOPへ戻る